2007/03/26

「火山の王宮」~象を殺した者 横浜ボートシアター公演~

2007年3月24日14:00~ 横浜レンガ倉庫1号館ホールにて観劇しました。

 この公演は、「みなとYOKOHAM演劇祭‘07」の参加作品として上演されたものであり、また横浜ボートシアターの劇団創立25周年記念作品です。
火山の王宮」は、インドネシア在住のフランス人作家E・プラセトヨの小説が原作ストーリー。命の大切さと命あるものへのいとおしさを共有することがテーマとして描かれています。台本作成が2006年のジャワ地震と重なり、犠牲者への追悼の意も表されていました。
物語は、噴火するジャワの火山調査に行った日本人の女性火山学者が出合った、現地の象と英雄に関する神話世界中心に構成されています。
そ の神話世界と、ドキュメンタリー風のストーリーが融合した構成が、幻想的世界をあたかも現実の世界のように表現されていました。舞台の装置は単純な白い 布のスクリーンだけで、そこにジャワの風景が映し出され、またインドネシア独特の影絵のスクリーンにもなり、また変形して、山小屋や、頂上の観測所にもな るものでした。幕間がなく、次から次へと場所が変化していくことに自然に対応していました。

 今回の公演は、みなとみらいのレンガ倉庫の劇場でしたが、本来ならば、ボートシアターの拠点である「ふね劇場」での公演が実現できればよかったのではと思います。海に浮かぶふねでは自然を感じ、今回のような環境との共生のテーマには特にふさわしい空間であると思います。
「ふ ね劇場」は、一代目の木造のはしけの劇場が老朽化で沈船したのが1995年、二代目の鉄のはしけは賛同者の田中さんに寄付され、さらに多くの方の寄付 のおかげで、劇場として造作されており、一度だけ2001年に創立20周年記念公演として「王サルヨの婚礼」が横浜トリエンナーレ参加作品として上演され ました。しかしその後は山下埠頭のはしけだまりに係留されていますが、公演には制限がありなかなかできません。今後のふね劇場での公演が待たれます。