2016/10/13

荏田宿のお祭りに参加

10月1日(土)、2日(日)は荏田町の氏神様の剣神社のお祭りです。いよいよ3月から準備していたお囃子の初お披露目となります。もっともかなりの部分を隣町のお囃子連の助けを借りてとなりますが。

1日は夜7時から宿自治会館の前で、宵宮、近隣の人たちと前夜祭、およびお囃子のお披露目。夜7時少し前には小雨となり、ビニルシートで屋根を作り、始められました。



お囃子の曲は破矢(はや)、かまくら、くにがため、さらに四丁目(しちょうめ)とあります。私の方の篠笛は3月から7か月間練習しましたが、1曲目の破矢までしかできず、その1曲で舞台に立ちました。終わった後に拍手が聞こえました。嬉しいものです。アントニオも締め太鼓で参加しました。




2日(日)は本番、朝から晴れ、子供神輿とともにお囃子を山車の上で演奏します。山車と言ってもトラックの荷台ですが、荏田町中を廻ります。とくに高齢者の方の施設には停まって演奏したり、隣町の驚き神社のお囃子連による「ひょっとこ」などの踊りを披露します。皆さん、子供が踊るひょっとこ踊りを見て楽し気に笑っていらっしゃいました。




この地域では何十年かぶりの生演奏のお囃子(今まではテープ)で、お祭りも大分魅力的になったのではと思います。来年は私も全曲演奏できるように頑張ります。お囃子にはひょっとこ踊りなどの伴奏曲もあり、まだまだ奥が深いです。今後もお囃子連に参加する人が増えていってほしいと思います。

子供神輿



10月8日(土)、9日(日)は隣町、驚神社のお祭りがありました。日曜日は朝から大雨の中、舞台の上で演奏が始まりましたが、昼には雨が止み、たくさんの神輿や山車があつまり、また神社では屋台も多数出店していて、境内では獅踊りの舞がありました。かなり盛大お祭りです。



獅子踊り

-----------------------

Con el otoño ha comenzado la época de festivales tradicionales en los barrios de pueblos y ciudades de todo Japón. Grupos locales de todas las edades pertenecientes a “cofradías” han estado preparando durante todo el año bailes y tronos que acompañan que se sacan en procesión acompañados del sonido tradicional de flautas y tambores típicos del matsuri Japonés.
El fin de semana pasado fué el festival de nuestro barrio Eda-ku, en el que mi jefe y yo participamos (él tocando la flauta japonesa “shinobue” y yo tocando el tambor tradicional japonés “shime-daiko”).
El evento comenzó a las 6 de la tarde del sábado. Con una música que parece casi improvisada, bebidas y comidas tradicionales japonesas, se animaba a todo aquel que se acercaba a la zona. Una experiencia única inolvidable y que sin duda alguna repetiré el año que viene.