2019/08/28

夏祭り2019

地元、荏田地区の夏祭りが8月3日に35度の猛暑の中、開催されました。本番の開始は夕方5時からですが、私が参加しているお囃子グループはいわば相撲の触れ太鼓のような感じで、炎天下の3時から舞台に乗って演奏を始めました。大会の準備をしている人たち以外、お客さんは誰もいない中、勇壮な感じで始めました。ただこの写真のパラソルは日光を遮ってくれて役に立ちました。

今回はしずみと乱拍子という曲を最初の破矢の曲の中間に組み込む方法で演奏しています。
曲目は、破矢(しずみ+乱拍子含む)、鎌倉、国固め、師調目、再度、破矢(しずみ+乱拍子含む)という流れでした。猛暑ですから暑くて大変でしたが、ほぼ問題なく役割を果たしました。
演奏の効果もあってか、夕方からは日も陰り祭りの本番は大変な人でした。
パラソルはありましたが、私はさらに首に保冷剤を巻いて、頭から水をかぶったうえに、麦わら帽子をかぶって演奏しました。大変疲れましたが、満足感もあり、また楽しみました。来年も頑張りたいと思います。

荏田宿お囃子の会の演奏 篠笛は会長で勇壮な感じで開始したところ

山内中学校の吹奏楽部(75名ほど)の演奏(本番)