2016/09/29

八千代座見学ほか

 8月25日、26日に建築学会九州大会に参加し、26日の午前中に「ヘルムホルツ共鳴機構を有する天井の実験結果」を発表しました(ブログ)。
その後、レンタカーを借りて、熊本市の少し北の山鹿市にある八千代座を見学しました。八千代座は以前に音響測定を行ったことがあります。→ブログ



 熊本地震がありましたので心配をしておりましたが、八千代座は幸い無傷だったそうです。ガイドさんに案内されて、数人の観光客の方々と内部を見学しました。ガイドさんの案内が面白く、おだてに乗って見得を切ってみました。


ガイドさんに乗せられて見得を切る

 内部空間は何とも華やかで、舞台を楽しんでいる雰囲気が伝わってきます。公演はたくさん計画されているようでした。




 その周辺の豊前街道沿いは伝統的な建物がたくさんありますが、いくつかは廃墟になったり更地になっていました。また大きなマンションが出来ていて、少し景観が変わってしまった印象です。音響測定に来た2008年8月以来ですが、そのときと比較すると少し活気がないように感じました。それでも、この豊前街道沿いの山鹿の街は古い商家、ヨーロッパ様式の銀行や酒蔵、お寺などが面していて独特の魅力が有ります。

 この晩は山鹿に泊まり、翌朝、前回来た時にはなかった木造の温泉風呂「さくら湯」で入浴してきました。朝のためか地元の人が多くいらっしゃって、こちらの言葉で会話されていました。
 この日は熊本城まで足を延ばしてきました。テレビで見ていたよりも、熊本城の石垣の崩落がひどい状況でした。時間がかかるとは思いますが、復原されることを祈っています。

熊本城の石垣






八千代座では様々な公演が行われています。最近のものをいくつかご紹介します。
--------------------
山鹿灯篭踊り鑑賞 平成28年7月〜平成29年3月(およそ月、火、木曜日の11時、14時)
祝・桂歌丸芸歴65周年 夏の特選大落語会 in 八千代座 平成28年8月29日(月)、30日(火)
第3回 山鹿もてなし子ども祭り 平成28年9月4日(日)
阿川泰子 天聴の蔵 JAZZ Live&Party 平成28年9月10日(土)

坂東玉三郎特別舞踊公演 平成28年10月29日~11月3日

秋の特別公演 「古典への誘い」 平成28年10月8日~11日開演午後1時・5時(開場1時前)

2016/09/23

Acoustical Letter - Acoustical Science & Technology journal



Como resultado de la ponencia en la conferencia anual de la Sociedad Japonesa de Acústica que se celebró en Marzo del año pasado (2015), recibimos para nuestra sorpresa una invitación para la publicación de dicho trabajo en forma de Carta Acústica en la revista Acoustical Science and Technology (https://www.jstage.jst.go.jp/browse/ast).

La revista Acoustical Science and Technology (AST) es una revista bimestral de acceso abierto editada por la Sociedad Acústica de Japón (http://www.asj.gr.jp/eng/index.html). La AST publica alrededor de 100 artículos de alto nivel (incluidos los artículos, informes técnicos y cartas acústicas) cada año. Además, el alcance revista cubre todos los campos de la acústica (tanto científicos y tecnológicos), incluyendo campos de investigación como ruido y vibraciones, acústica submarina, electroacústica, ultrasonidos, o acústica arquitectónica entre otros.

Con el título “Development of high-sound-insulation double-floor system with Helmholtz resonators: Real-scale experiments with light-steel square pipes” (Desarrollo de suelo flotante de alto rendimiento con resonadores de Helmholtz: Experimentos a escala real con tubos cuadrados de acero), la Carta Acústica fue aceptada para la publicación en Febrero de 2016 y ha sido finalmente publicada en el Número 5 (Septiembre) del Volumen 37 (2016) de la revista.

Enlace: https://www.jstage.jst.go.jp/article/ast/37/5/37_E1567/_pdf

---------------------------------------------------------------------------------

To our great surprise and as result of last year speech (March 2015) in the Acoustical Society of Japan, we were invited to publish our work in the Acoustical Science and Technology journal (https://www.jstage.jst.go.jp/browse/ast) in the form of an Acoustical Letter.

The Acoustical Science and Technology is a bimonthly open-access journal edited by the Acoustical Society of Japan (http://www.asj.gr.jp/eng/index.html). AST publishes about 100 high-level articles (including papers, technical reports and acoustical letters) each year. The journal scope covers all fields of acoustics (both scientific and technological) as noise and vibration, underwater acoustics, electro-acoustics and architectural acoustics among others.

Titled as “Development of high-sound-insulation double-floor system with Helmholtz resonators: Real-scale experiments with light-steel square pipes”, the Acoustical Letter was accepted for publication on February 2016 and was published in the No.5 (September), Vol. 37 (2016) of the journal.

Link: https://www.jstage.jst.go.jp/article/ast/37/5/37_E1567/_pdf