2009/03/11

日経アーキテクチュア2009年3月9日号の広告記事監修



日経アーキテクチュア2009年3月9日号の広告企画「音と建築のハーモニー」に掲載された、「建築空間の“音”をどうとらえるか」という記事の監修をいたしました(記事企画/構成 橋場一男氏)。音は物理的な現象ではありますが、人間がどう感じるかということも分析し、考慮できて初めて音響デザインができます、という内容となっています。
ご興味のある方は、ぜひご覧いただければと思います。