2007/05/21

アンサンブルウイーンの演奏

 5/12(日)に杉田劇場で開催されたアンサンブルウイーンのコンサートに行きました。この杉田劇場は2004年竣工し、音響設計をYABが担当したものです。
  アンサンブルウィーンはウィーン・フィルのコンサートマスター、ライナー・ホーネックの異編成カルテットで、ウィーンでは大変人気があります。2年前に も同じこの劇場でコンサートを行い、音楽は文字通り楽しむものということを教えてくれました。構成はヴァイオリン2名、ビオラ、コントラバスの計4名の弦 楽四重奏団です。チェロでなくコントラバスというのが特徴です。19世紀ウィーンのヨハン・シュトラウスの時代も、チェロでなく、コントラバスだったそう です。リズムがはっきりして、音の幅がひろがり、豊かな音の感じになります。前回はヨハン・シュトラウスのものが多かったと思いますが、今回はさらにモー ツアルトと、その同時代のワルツの作曲家ランナーのものでした。第一ヴァイオリンのライナー・ホーネックの音は跳ねるようなわくわくするようなものでし た。杉田劇場は、名前は劇場ですが、コンサートにも非常に向いているホールです。とくに響きが必要な弦楽器に対しても艶のある響きを生み出すことができ、 今回もそのよい響きを感じることができました。