2015/10/13

日本建築学会2015年度、秋の大会に参加しました

建築学会の秋の大会は9月4日から6日まで東海大学で開かれ、弊社は4日に2編発表させていただきました。

アントニオさんと私 東海大学のキャンパスにて


一つは「Helmholtz共鳴器を有する高性能乾式遮音二重床の開発 その4 共鳴器構成材の違いが及ぼす影響に関する追加実験」と題して、神奈川大学の廣瀬さんが発表しました。これらのユニット実験の結果から6畳大の二重床を作成し、現在、床衝撃音実験を行っております。この成果をもとにそろそろ実用化も目指していきたく思っております。

もう一つは「集合住宅の改修工事における静音工法の研究 UR音響実験棟における改修実作業の騒音振動伝搬実験」についてで、こちらは私(藪下)が発表を行いました。


以下に発表資料を示します。













発表後の質疑応答の際、質問を2ついただきました。

一つは音源の基準化の方法で、誰でもが比較して使えるようにしてほしいとのことでした。たしかに今回の実験では、工事業者が使う工具の商品名を、一般名称に統一だけでも苦労しており(メーカーによって名称が異なります)、今後の研究では、基準化についても意識していければと思います。

またもう一つは、中央の階で穿孔した音が、上階の方が大きく、下階の方が小さい理由はなぜかというものです。こちらも明確に答えることはできませんでしたが、穿孔機械の指向性ではなく建物の特性が大きいと思われます。下階は1階で、上階は3階です。正確にはわかりませんが、1階は地面に逃げて行けますが、3Fはそれ以上建物が無いために、そこでエネルギーが反射しているからだと思われます。