2011/02/21

音楽の起源の空想

密林のネコがサルの声をまねて、サルを捕まえようとする行動が発見されたとのこと。これはブラジル、マナウス近郊のアマゾンの熱帯雨林に生息するネコ科の小型肉食動物マーゲイが、オマキザル科の一種フタイロタマリンの赤ちゃんの声をまねて獲物をおびき寄せるとの研究を、ニューヨークで活動する非営利団体の野生生物保護協会(WCS)が2010年7月8日に発表したものです。このニュースはナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト2010.07.14を見て知りました。

実は昨年のことですが、自宅で尺八のCDを聞いていたら、開いていた家の窓に鳩が来て、家の中をのぞいて、尺八の声に合わせるかのように歌い始めました。尺八が鳩を呼び寄せたかのようで驚きましたが、それとそっくりの話です。CDは「霊慕 虚無僧尺八の世界 東北の尺八」で、演奏は中村明一です。

一昨年(2009年)に、ドイツの洞窟で35000年前の骨でできた笛が発見されました。穴が5個見えていましたが、これでどのような音楽が演奏されたのか想像してみましたが、ひょっとしてその笛で鳥や動物の声をまねて、獲物をおびき寄せるのに使ったかもしれないと思うようになりました。それが進化して現在の音楽になった可能性があるような気がします。

35000年前は旧石器時代後期で、ショーヴェ洞窟壁画、アルタミラ洞窟壁画、ラスコー洞窟壁画なども現れています。大系世界の美術第一巻「先史・アフリカ・オセアニア美術」(1973年発行 木村重信 著)によれば、「人間が美術作品らしいものを作り始めたのは、中略、旧石器時代後期にわれわれの直接の祖先にあたるホモ・サピエンスが現れて以来のことである。」「後期旧石器時代人はまだ農耕や牧畜を知らず、野生の動物を狩り、野生の植物をとって生を支えた。中略、彼らは罠を設け、陥穽(カンセイ、落し穴)を堀り、あるいは狩出し、追込みなど、あらゆる可能な手段を尽くして狩猟に専念した。」 とあります。また、洞窟壁画は、住居の装飾を目的としているわけではなく、洞窟を住居とする場合には、入口から数メートルの、日光が直接または間接に指し込む部分のみを用い、壁画は、例外なく洞窟の奥深いところに描かれているとのこと。絵の内容は、「彼らが好んで捕獲し食用とした動物ばかりが描かれていること。しかもこれらの動物は肉付きのいい成熟した姿であらわされ、特に身重の雌が好んで描出されたこと。また2匹以上の動物が組み合わされる場合は、ほとんど雌雄一対で表わされること。それとは逆に動物の殺害を意味する、矢や槍を身に受けた動物の描出が多いこと。このような絵と関連して、罠または陥穽を表した図形が多く見出される。」「このような具体的な性質を有する絵画の背景には、常に野獣を狩る危険と飢餓の緊迫によって強められた、旧石器時代の人の強烈な欲望がひそんでいたが、そのことによって絵画はすこぶる生命的なものとなった。」
洞窟壁画は、動物をとらえたい欲望を呪術的に表現したもののようです。これらから類推すると、音楽もきっと初めは動物を捕まえる道具で、その内、呪術的な表現、例えば儀式の道具になっていったのではと想像できます。

2011年1月11日の朝日新聞の夕刊に、「危ない!親鳥 声を使い分け」「シジュウカラの親が、天敵のカラスとヘビに対する警戒の鳴き声を使い分け、聞いたひなは巣の奥へひっこんだり巣から飛び出したり、それぞれ天敵に応じた防衛行動をしていることがわかった。」と立教大学の鈴木俊貴さんの研究が発表されたというニュースが書かれていました。鳥には言葉があり、古代人はそれを利用していたと思われるが、鳥や動物の言葉が分かるといろいろ環境のことがわかる可能性があると感じました。