2021/05/27

劇場や音楽練習室等の紫外線によるコロナ対策の検討

緊急事態宣言により、舞台や音楽関係には依然として厳しい制限がかかっている。

劇場の形態はいわゆる3密が特徴で、対策として座席は半数を上限とされ、入場時はアルコール消毒、検温、マスクも着用が厳守となっている。加えて換気が重要で、大型の劇場やホールの場合には、基本的に大規模に空調をしながらシステムの中で換気も行っている。

しかし、空調による換気を行っていても、咳等による飛沫が遠くまで飛んでしまうことも考えられるため、劇場では一般的に設置されている床下排気口からできるだけ早く排気することが望ましい。劇場は収容人員が多いため換気量は多いが、そのうち外気からの新鮮空気の割合は20~30%であるため(※)、空調稼動時にウイルスが循環することも考えられる。

そのため、可能であれば排気口の中で紫外線などによる抗ウイルス処理ができれば安心である。

※20210607追記:20~30%というのは一般的な数値であるが、現在オンラインで視聴できるJATETフォーラム2020/21の建築部会の講演 で、劇場は外気からの新鮮空気の割合は50~90%(一般的な事務所では20~30%)であると発表されている。)

紫外線によるコロナウイルス不活性化については確認されており、それを利用した装置もさまざまなメーカーで開発されている。

以前直接話を伺った(株)ハリマビシステムでは、様々な場所で使用可能な高出力紫外線発生装置があり、殺菌灯・ファンを内蔵した装置にて室内の空気を循環させながら除菌するものである。実際に病院や学校、研究施設などで利用されている。

劇場ではこのような装置を空調機の排気口側に設置すると効果があるのではと思われるが、空間が大きく換気量も多いため、現在はまだ使用されている例を知らない。

また水銀ランプにかわる光源として紫外線LED(UV-LED)が実用化されたことも多数の製品化につながっている。

「深紫外線LEDは、人体や環境への影響も極めて少ないうえに、コンパクトで省エネ・長寿命という特長」があるとのこと。

高出力の深紫外線LEDを開発した日機装


その他、紫外線LED(UV-LED)を使用した空調システムのニュース等

前田建設と日機装が空調設備のウイルス除菌ユニット開発で提携、「深紫外線LED」で99.9%不活性化

室内空調システムに応用可能な新型コロナウイルスの除去不活化技術


弊社もかかわることが多い音楽練習室や録音スタジオなどは遮音が必要なため使用中に十分な換気がしにくい。また直接使用中の室内に照射すると人体に有害である場合がある(※人体に悪影響を及ぼす230nm以上の波長をカットした、222nm紫外線ウイルス抑制・除菌技術も開発されている)。その場合も空調の中での紫外線殺菌が効果的である。

仮に今後ワクチン接種が進み感染者が減ったとしても、より安心して使用するためには今後もそのようなシステムが必要であると考え、今後の設計の際には検討していきたい。

紫外線による殺菌装置は現在多数開発されており、いくつか調べてみたものを以下にご紹介する。


空気循環型の紫外線照射装置

ユーヴィックスTITANPOWER TP-F120 製造:サンスター技研
YABメモ)天井据え付け型で120m3まで対応と書かれている。JR西日本の特急列車にも採用されているとのこと。光触媒と紫外線で除菌・脱臭を行うとのこと。



 ②エアーリア 製造販売:岩崎電機
YABメモ)出力28Wで約1m3/min、 57Wで約1.7m3/minでとあるが、適用面積などは不明。紫外線ランプは装置内部に組込みで、床置きのタイプ。

 
製造: STERIL-AIRE社、販売:ステリルエアージャパン株式会社
YABメモ)循環式空気清浄装置:ウイルス・カビ・細菌・花粉に効く。現在3タイプあり、30畳用から、最大のもので300〜450m3/h、90畳:約165m2の空間の処理が可能。


UV空間除菌機中型IQフレッシャーZERO 販売:アイクォーク株式会社
YABメモ)適用床面積38畳まで。小劇場の客席、楽屋、稽古場などの中規模空間に良いと思われる。レンタル(株式会社六工房 )も行われている。


室内空気殺菌器:メーカー:フィリップス、販売:東芝ライテック
YABメモ)適用空間 80m3 置き型


直接照射型 紫外線照射装置


波長222nmをピークに持つエキシマランプに特殊な光学フィルタを組み合わせることで、ヒトに悪影響を及ぼす230nm以上の波長をカットした、222nm紫外線ウイルス抑制・除菌技術。用途:診療所の待合室の天井などに設置 


UV-C(紫外線C波)を利用した紫外線照射装置「エアロシールド」
「室内2.1m以上の天井付近で紫外線を水平照射し、自然対流を活用して空間全体の空気に働きかける構造により、人がいる空間でも人体に影響を及ぼすことなく、24時間安心・安全に空気環境の改善を行う」
YABメモ)ロフトなどの空間がある場合には人が存在しないようにする必要がある。また直接内装に照射されるので色褪せなどの不安はある。
適用空間 20〜50㎥
 


※2021.5.27現在の情報であり、現在進行形で多数の製品が開発されていると思われるため、常に新しい情報をご確認いただきたい。