ページ

2022/01/20

トンガ諸島の火山による津波の伝搬

 2022年1月15日に起こったトンガ諸島のフンガ・トンガ フンガ・ハーパイの海底火山爆発による津波が当初予測していた時間より早まり、しかも気象庁が津波による被害は少ないと予想していたにもかかわらず、夜間12時頃緊急津波注意報の警報(発信元は神奈川県)が枕もとの携帯電話から鳴った。

1月17日(月)の朝日新聞の朝刊には以下のように書かれていた。

「この若干の海面変動があると同庁が想定していたのは、父島(東京都小笠原村)では午後10時半ごろだった。しかし、予想より2時間半早い午後八時ごろから各地で潮位の変化が観測され始めた。16日午前0時前にはついに鹿児島県奄美市では1メートルを超え、午前0時15分に警報、注意報の発令に踏み切った」。

「気象庁は今回、潮位変化が観測されたのとほぼ同じタイミングで噴火の衝撃波が通過し、各地で2ヘクトパスカルほど気圧の上昇がみられたことを明らかにした。」

「潮位変化との関連は不明としつつ、宮岡企画官は「私たちは今までこうした現象を理解していない」と困惑を隠さなかつた。」

噴火の規模は1991年のフィリピンのピナトッボ山による規模とほぼ同じではないかともいわれている。また昨年8月の福徳岡ノ場の海底火山による噴火時のような軽石の被害も予想されている。

津波の伝搬速度は計算上約200m/sである。音波の伝搬速度は約340m/sである。この速度の1.7倍の違いも影響をしている可能性がある。火山の爆発の音はオーストラリアでもアラスカでも聞こえた。身近な人でも、この爆発の音を夜8時半前後頃に、軽い衝撃波として感じたという。さらに地球の空気の空間が劇場のように閉空間と見なされ、衝撃波が何度も繰り返し通過する可能性もある。今回の現象は新しいこととして整理する必要がある。

トンガでの火山噴火による衝撃波か 日本各地で急激な気圧変化 というニュース

夜8時半前後に気圧の変化が起こっていることがわかる。

※トンガから日本までの距離が約8000Km、したがって音速では23529/3600≒6.5時間、一般の津波では40000/3600≒11.1時間となり、4.6時間の差となる。地球一周(40075km)では音速は40075km/340*1000/3600≒32.7時間となる。

日本では幸いにも人的被害はない状態であるが、トンガの状況が気になるところである。


音の問題で、今まで判断に悩んだことがある例をいくつかご紹介する。

  • 10年ほど前に木造劇場研究会で、コンサートホールで舞台の音が床を振動として伝わって聞こえるのか、空気を伝搬して聞こえるのかが話題になったことがある。たしかにコンサートの音が床を振動しているのを感じることがある。しかし床を伝搬するスピードは固体伝搬音であるから約3500m/sで、空気の伝搬スピードは約340m/sであるために音源から観客席まで例えば20mを進むために固体伝搬音は0.0057秒、空気伝搬音は0.058秒、と固体伝搬音の伝搬する到達音の違いは0.053秒となる。0.053秒(53ms)の違いはエコーを感じる時間差となり、固体伝搬音が大きい場合にはエコーが聞こえることになる。したがって多くの場合には固体伝搬音の音への影響は少ないと考えられる。
  • 稼動するファンの騒音対策のためファンの周辺に壁を立てたことがある。しかし周辺の音の低減は得られなかった。これはファンが直接床に固定されているためであった。これは固体伝搬音の影響が大きい場合であった。
  • また、ある工場に隣接する民家で茶碗の水や仏壇の扉が振動するクレームがあった。調査したところ工場の超低周波音は大きいが床の振動は小さいことがわかった。原因は外壁に固定されている配管が振動し、大きな外壁を振動させ、そこから超低周波音が発生しているためと考えられた。
  • あるマンションでは、上階の人が何らかの方法で仏壇の壁を振動させているとクレームがあった。そこへは結局行かなかったが、何回か電話をしているうちに、このマンションは超高層で、しかも海岸沿いに建つ吹きさらしのマンションであることがわかった。結局このマンションは風で建物が微振動をし、仏壇の壁をゆすっていることがわかった。これは原因がわかればそのまま理解をしていただくしかなかった。
  • 新しいスーパーができて、隣地に立つマンションからスーパーの室外機の騒音のクレームが来た。調べてみると、室外機のON、OFFによる違いがないことが分かった。結局マンションの中の騒音は既存のトランスの微弱な駆動音であることが分かった。

後半の問題は、まだ騒音の技術が1900年のセイビンの室内音響から始まってまだ新しく一般化されていないためと考えられるが、前半の津波の話ともども現在進行形の最先端の話である。

2022/01/05

横浜ボートシアターの遠藤啄郎さんの言葉「この世界は全て図形なのだということがわかった」

横浜ボートシアターの代表の遠藤さんが2020.2.7に亡くなられ、後に開かれたしのぶ会でいただいた書面によると遠藤さんが亡くなる前の臨死体験で、「この世界は全て図形なのだとわかった。自分にこだわっても仕方がない。その有様を見てさっぱりした。」とおっしゃり、目をキラキラとさせていたとのこと。

遠藤さんは舞台では「小栗判官照手姫」の中で仮面を多用し、説教「愛護の若」より「恋に狂いて」では紙の人形に囲まれていたこともあるので、仮面や人形などを思い浮かべるならわかります。

なぜ「この世界は全て図形なのだということがわかった」とおっしゃったのかずっと気になっていました。

最近思い出したことですが、東京工業大学すずかけ台校舎の建築学科の建物の入り口にいくつか記されている偉人の言葉のうち、ルイス・カーンの「I always start with squares no matter what the problem is.」という言葉があります。

正確には忘れてしまったために1月4日に外壁を撮ってきました。それは多分 「どんな問題でも私はいつも四角から始める」 という意味だと思います。

この話と横浜ボートシアターの遠藤さんの言葉は似ていませんか?遠藤さんの作品、小栗判官照手姫も愛護の若も物語は複雑ですし、ルイス・カーンのソーク生物学研究所やキンベル美術館も美しくかつ複雑ですが、もとは多分単純な図形からできているのではないかと思い始めています。

 

2022.01.04 15:00頃 東京工業大学の建築学科の校舎外観、
ほぼ中央上部にルイス・カーンの言葉が彫りこまれている。

外壁にあるルイス・カーンの言葉

音で言えばすべての波は正弦波から組み合わせることができるというフーリエ変換がその代表例かもしれません。現在は高速フーリエ変換(FFT)を用いて、周波数分析が即座にできて技術を前に進めることができます。

遠藤さんの世界は図形からできているも、ルイス・カーンの四角から始まるも、フーリエのすべての波形は正弦波からできているのもその後の作者自身の成果品が素晴らしいためになるほどと思えますが、それをまねすることは簡単ではないです。

とくに図形から「小栗判官」を生み出すのは大変なことです。願わくば遠藤さんにまたお会いして、遠藤さんの演劇を見てみたいと思います。

2021/12/28

土井善晴著 「くらしの料理学」の西洋料理の「混ぜる」と和食の「和える」について

 今年の3月に発売された土井善晴著 「くらしの料理学」を読みました。その中のP.062に次のようなことが書かれていました。

西洋料理では、液体、粉類、卵などを「混ぜる」ことで、まったく違うものを作り出そうとします。混ぜる文化を持つ西洋料理は、化学的だと言えます。化学であれば数値化できますから、レシピ化できます。和食の特徴は「和える」ことです。和食における原初的な調理法は、自然を中心とするため、食材にあまり手を加えません。しかも、食材の状態は、季節、鮮度などによって変化します。季節、鮮度などは前提条件を揃えることができませんから、レシピは参考程度にしかなりません。

土井義春著 くらしのための料理学

この章は筆者がフランスのシェフに向けた講演会で話された内容です。この前の文章では家庭料理や一汁一菜やケ・ハレのことなどの話があり、料理とはこういうものだということがかかれています。

ところでこの話は「西洋音楽」と「邦楽」との関係に似ているような気がします。クラシック音楽用のホールは残響時間が長く、この本の内容のごとく、材料を混ぜて味わうことになります。強いて言えばオーケストラにけるサントリーホールのような響きです。

これに対して邦楽は、邦楽の多くに和声が含まれていることから、明瞭度を上げるために残響時間は短いところが多いです。例えば芝居小屋での演奏は1秒以下になります。そのような場合には客席から聞くと音源の違いがよくわかります。音色とか方向感などです。

ただ、この前の章で、料理は「一汁一菜」すなわち味噌汁とご飯と漬物を基本とするとの内容もあります。味噌汁は具沢山のものを指します。味噌汁は何となく「混ぜる」を基本としているように思います。また西洋料理のステーキはシンプルに焼く料理で、この定義に当てはまらないこともたくさんあるように思いますが。

最近、鹿児島にいる友人の今用さんのバイオリニストの奥さんのAsselさんのコンサートが11月に森の中で開かれました。多分、木々からの反射音で適度に音響空間が形作られますが、これはサントリーホールの中のような響きは得られません。多分適度な響きを感じながらの演奏となりますが、緑に囲まれた中での演奏はかえって好ましく聞こえるのではないかと思われます。

Assel Imayoさんの森の中でのバイオリンの演奏

Assel ImayoさんのYouTubeチャンネル

このような森の中で三味線や尺八の演奏をしたらどうなるだろうか、気になるところです。現在の室内音響の常識から外れたことがたくさんありそうです。

2021/12/24

倉敷の録音スタジオ

7月の初めに、約1年かけた録音スタジオが竣工し、音響検査をしてきました。

スタジオの用途は主にJAZZの音楽を録音する録音スタジオで、主にピアノの演奏用に残響の多少長いエリアと、ドラムやベースギターの演奏用に残響が短いエリアを可動パーティションで仕切られるようになっています。

また周辺に隣接して民家があることから、外壁はRC300mmの厚みとし、内部は防振ゴムで支持する浮構造としています。なお床はヘルムホルツ共鳴機構を用いた乾式の浮構造です。またこの録音スタジオは個人の住宅の付属施設ともなっています。

平面図 (注: ピアノが左右逆)

防振板ゴムの設置

 

乾式浮床の設置(注:床構造の下面にヘルムホルツ共鳴孔が設置されている)

ピアノ側のエリア

ドラム側のエリア

コントロールルーム(ここも演奏用ブースとして利用可能)

設計:井上商環境設計株式会社

施工:株式会社藤木工務店


倉敷の町

測定の翌日は、倉敷の町の観光をしました。宿泊場所は倉敷アイビースクエアで、明治22年(1889年)に創業した倉敷紡績所の工場跡地です。朝、倉敷の中心にある鶴形山の山頂にある阿智神社に行ってみました。この周辺は古くは阿知潟と呼ばれる浅い海域で、ここはかつて瀬戸内海の小さな島だったらしくとても印象に残りました。その後重要伝統的美観地区の古い町並みを散策し、大原美術館も見学しました。古い町並みだけでも十分な価値があると思いましたが、その後、備中国分寺にも立ち寄り、翌日は吉備津神社、岡山後楽園などを見学し、この地域の豊かな歴史文化を堪能しました。

アイビースクエア

倉敷の街並み

倉敷の街並み

大原美術館

阿智神社

備中国分寺

吉備津神社

後楽園




2021/11/22

夢枕公演 ユーラシアの夢のコンサート

かなり時間が経ってしまいましたが「夢枕公演 ユーラシアの夢」と題するコンサートが2021.6.24(木)に目黒のパーシモンホールの小ホールで行われました。ユーラシアの夢と題するだけあって大陸を横断するように、ペルシャから世阿弥まで幅広い内容でした。

最初はアミンという歌手のペルシャ伝統音楽の歌で、バックにペルシャの太鼓が低い音を奏でます。次に中村明一の尺八で、この尺八の音は中世のヨーロッパのリコーダのような音に感じました。またAyuo(高橋鮎生)の曲は、「紅楼夢」の英訳の歌詞と世阿弥の「松風」に曲を付けたものです。この曲は、小説や詩の言葉があって、それを支える音楽を作曲するという形は日本の伝統的な音楽、義太夫などの手法と似たものを感じました。出演者も先ほど述べたアミンはイラン人の歌手(東大のバイオエンジニアリングで修士、博士出身)、モーガン・フィッシャーはイギリス生まれ、キーボード奏者、また二十五弦箏は小宮瑞代、アコーディオンとベースギターと歌は上野洋子、ダフ(ペルシャの太鼓)などを演奏した立岩潤三、バークレーでジャズを学んだ尺八奏者の中村明一、作曲及びギターのAyuoの多彩なメンバーで、お客さんも外国人が多かったです。様々な国の特徴のある楽器や曲を組み合わせて、新たな世界観を表現していることが素晴らしかったです。



2021/07/28

牧の原の大興寺の鐘楼

今年は何度か仕事で静岡の牧の原に行く機会がありました。

すでにだいぶ前の話になりますが、3月の終わりに行った際、帰りがけに牧の原インター近くに大きなお寺があったので寄ってみることにしました。

大興寺というなお寺で、入り口に鐘楼がありその柱の左右に平家物語の冒頭、

「祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」と、

「沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす」

が書かれているのが目に留まりました。

鐘の声、これは音に関する言葉です。

「諸行無常の鐘の声」とは実際の音色はどんなものか、とふと気になりました。

お寺の鐘の音は、一般的にはゴーンという衝撃音の後に唸りを生じながら減衰していきます。

トレヴァー・コックス著「世界の不思議な音」のP.274に、

(この本からは以前にも引用してブログを書いたことがあります。)

教会の鐘を新たに鋳造するとき、西洋の鋳造所ではそのような震音を避けたいと考えるのがふつうだろう。ところが韓国では、この効果は音の質を決定する大事な要素と見なされている。

韓国の鐘と西洋との違いを唸りのある無しであると書いています。

私が以前に重慶の飛行場で買ったチベットのお土産の鐘も唸りが美しく、またタイのバンコクの暁の寺で買ったお土産の鐘も軽い音の唸りを生じます。

おそらく仏教に関係する鐘は唸りが重要な要素ではないかと思われますが、これは私が想像するに、人々の願いや思いを天国に届ける役割をしているものではないかと思います。

しかし個人的には、この大興寺のような鐘の音と、平家物語にある「祗園精舎の鐘の声」とは少し響きのイメージが違いました。

祇園精舎の鐘とはどのようなものなのかと思い、ネットで調べてみると、

祇園精舎の北西の一角には無常堂(無常院)というところがあり、僧たちの最後のホスピスのようなところだということです。そして臨終を迎えると建物の四隅にある鐘が鳴るそうで、それは腰鼓(ようこ)のような形で「頗梨(はり)」という水晶でできた小型の鐘と書かれているものがありました。

祇園精舎の鐘の声とは梵鐘ではないだろうと想像したことは正しかったように思いますが、真ん中がくびれた腰鼓の形をした鐘で、しかも水晶でできているとは想像もしていませんでした。

水晶でできた鐘の音は心地よい音だと想像しますが、実際どんな音だったのでしょう。

牧之原の大興寺周辺はお茶畑で、季節は桜の時期がほぼ満開でした。

大興寺の鐘楼

大興寺
    
周辺の茶畑

この写真のみ6月に行った時に撮ったものです
鐘楼左右に平家物語の冒頭が書かれています(一部薄くなっている)