ページ

2022/08/12

Symphonic Concert Life and Concert Venues in Tokyo 1868-1945 東京1868―1945におけるオーケストラコンサートの営みとコンサート会場

   この著は、クレメンス・ビュットナーさんのベルリン工科大学のドクター論文として書いたもの。私はこの論文に用いたいくつかの写真の著作権について、出版社等に了解を得ることをしていたため、この度、日本に来て、7/19に来社して、本に製本されたドクター論文を持ってきてくれた。


今までは2度ほどクレメンスさんとは芝居小屋の音響特性を計測した。1度目は2015年に大隈講堂、旧鶴川座、内子座、金毘羅座、2度目は2017年に加子母明治座、白雲座を音響調査した。測定メンバーはクレメンス・ビュトナー(ベルリン工科大学)、Prof. Stefan Weinzierl ベルリン工科大学音響部長、2度目のみ)、森下有(東大生産技術研究所、准教授)、アントニオ・サンチェス(当時弊社)、藪下晶子(弊社、鶴川座および大隈講堂)と私で行い、1回目はポーランドのクラコーで開かれた国際音響学会でクレメンスさんが「Acoustical Characteristics of preserved wooden style Kabuki Theaters in Japan」と題して発表した。旧鶴川座については2017年の建築学会でアントニオ・サンチェス・パレホさんが発表し、また大隈講堂については、本書「Symphonic Concert Life and Concert Venues in Tokyo 1868-1945に記載された。2度目のデータは1度目も含め、ACUTA ACOUSTICA WITH ACUSTICAという国際音響学会誌にテーマ「The Acoustics of Kabuki Theaters」と題して掲載された。この内容については、本文および翻訳を本ブログ(http://yab-onkyo.blogspot.com/2020/11/)に掲載している。

本は以下の項目から構成されている。

1.    はじめに

2.    東京のコンサートの営み

3.    東京のコンサートの会場 関東大震災前

4.    東京のコンサート会場 関東大震災後

5.    室内音響の状況

6.    会場の3つの時代(初期の会場1868-1923、長い公共ホールの道、1982-現在世界標準への適用)

 西洋音楽の紹介の項で、1880年に、Fentonに次いで、ドイツ人のEckertが新しい君が代の作曲のメンバーとなっている(p.25)ことが紹介されている。

また同じ項では伊沢修二が1888年東京音楽学校のディレクターになり、1890年に奏楽堂を含む新しい建物ができた。木造と出ていた。何故木造であるか説明がなかったが、木造の建築のため残響時間が短くなったような書き方だ。たしかにRCと木造を比較すれば木造の方が、残響時間が短くなることが多い。ただ別の本(奥中康人著「国家と音楽 伊沢修二が目指した日本近代」ではp.143にはボストンに留学中には「われ思うに音楽のこと東西同じからず、汝東洋の極端なる日本国に生まれたれば、到底我西洋の音律を介することは難しかるべく、、、、」と有り、伊沢修二の音楽大学の意図は、音楽の普及のためには、初めは合唱が重要と考えていたので、勝手に想像すると奏楽堂の残響を短くしたかもしれない。

関東大震災により、レンガ造から鉄筋コンクリート造に変化し、根本的に建てる方法が異なった。その結果、日本青年館や日比谷公会堂ができた。

多目的ホールの残響時間については、音響設計の佐藤武夫が、最後に、音楽やスピーチに使用される多目的ルームでは、より短い残響時間が最も安全な妥協点であると考えたp.194

そして最終項は、おおよそ1997年、ハーモニーホール福井、札幌コンサートホール、すみだトリフォニーホール、タケミツメモリアルホールがオープンした。すべてのホールが満席で約2.0秒であった。そして最後の文章は、東京では、1945年までにかなりのレベルの音楽活動が確立された。しかしヨーロッパやアメリカへの旅行が増え、永田が言うように「真のコンサートホールの音に直接触れる」までは、このような会場にするための感性はなかった。

  奏楽堂は我が国、初めてのコンサート専門の劇場であるが、帝国劇場や歌舞伎座、東京劇場などは主に芝居の劇場となっている。日本では歴史的には、この最初の文章で述べた芝居小屋の歴史が長いために、芝居に適した残響時間になれていることもあるかもしれない。寺院の講堂や土蔵造りの蔵はかなり残響が長くなっているが、芝居小屋がこのような残響の長い空間を採用してこなかった理由もあると思われる。今後クレメンスさんがどのような研究を行うのか楽しみである。


2022/07/22

ショスタコーヴィッチの交響曲第8番

 

神奈川フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会が716日(土)の2時よりあった。場所は神奈川県民ホールで、いつもの横浜みなとみらいホールとは違う場所であった。曲目は「ショスタコーヴィッチの交響曲第8番」だけで、これは戦争交響曲ともいわれている。第二次世界大戦の時にナチスがサンクトペテルブルグに攻め込んできた時に、ソビエト政府から、「ソビエトの勝利」を導くような曲を書いてほしいと依頼を受けて、ショスタコーヴィッチが書いたもののようだが、曲はそんなに単純なものではない。ティンパニーとシンバルが大砲のように激しく打ち鳴らされた後、自然を感じる音や雑踏を感じる音などが混ざる。不協和音と暗い響きが主で、心地よいメロディーなどは全く感じられない。明らかに大砲の飛んでくる音、爆発する音と、これとは別に穏やかな響きがあり、自然や人間の日常の営みがあると言っているような気がする。これを聞いてガリレオだったら何て言っていただろう、「それでも地球は回っている」と言っていたかもしれない。

神奈川県民ホールは、2500名ほどが入るホールであり、しかもオーケストラピットが舞台まで上げられていて、舞台鼻より3mほどオーケストラが奥に入って演奏していた。最初はコロナヴィールスのためと思ったが、観客によく聞こえるようにとの配慮ではないかと思った。やはり適正な大きさが必要だと感じた。



2022/07/19

雨音対策

昔、天井桟敷の稽古場公演で、テーマは忘れたが、雨音がぽつんぽつんと永遠に奏でるような音がする公演を聞いた。たぶん音源はガムランの金属の打楽器を木製のバチでうつような楽器だと思われる。出演者は5名、観客はたった3名で、平土間の上に寝そべるようにして聞いていた。非常に入場収入の効率が悪い公演だったが、時々思い出している。とても居心地の良い公演で、満足をした覚えがある。

最近NHK交響楽団の桂冠名誉指揮者のブロムシュテットがテレビで小さい頃に鉄板屋根に当たる音が気持ちよくて、わざわざその屋根の下に来て雨音を聞いたと言っていた。雨の音は自然との対応になるのだろう。ブロムシュテットはスエーデンの人だ。また砂漠の人は、雨音を快適に感じるとのことを聞いたことがある。雨は生きるための水をもたらしてくれるものだ。

またこれに反して、日本では雨が多い。最近は線状降水帯などがよくおこり、大水害が発生することも起きてきている。日本では、植物の生育を促し、雨の音は気持ちの良い反面、洪水との関係も深くなってきている。多分茅葺きの屋根に落ちる音は鉄板屋根と違い、おだやかな自然の音に違いない。たぶん風情を感じる音ではないかと思われる。しかし鉄板屋根の場合には、雨音は風情より災害との結びつきが強くなってしまうと思われる。

何年か前に、東聖建設の依頼で、鉄板屋根の雨音を減らす方法について検討をしてほしいとの依頼があった。そこで雨音について、鉄板屋根の模型を作り、雨音の代わりに、タッピングマシンで、打撃することとした。試験体の大きさは450mm×450mmである。

 なお実験を行った試験体を表にして示した。試験体は、鉄板0.35t+ラーチ合板24tを基本構造として、内部にいくつかの材料を挿入している。

商品名のシンセファイバーはポリエステル繊維吸音板で、150kg/m3、厚10mmと高密度のものである。またグラスウールでなく、ポリエステル繊維吸音板としたのは、同じ吸音材であるが、もし水に濡れた時にでも、水に強いためである。 

表 試験体一覧

1)   鉄板0.35t+ラーチ合板24t

2)   鉄板0.35 t +アスファルト系制振材4t+ラーチ合板24t

3)   鉄板0.35 t +高密度シンセファイバー150kg/m310 mm +ラーチ合板24

4)   鉄板0.35 t +アスファルト系制振材4+ラーチ合板24t×2

5)   鉄板0.35 t +高密度シンセファイバー150kg/ m310mm+ラーチ合板24 t×2

6)   鉄板0.35 t +高密度シンセファイバー150kg/ m310 mm +ラーチ合板24 t +アスファルト系制振材4 t +ラーチ合板24t

7)   鉄板0.35t+ダイケンビルボード9t+ラーチ合板24 


図 試験体および雨音(タッピングマシン)の測定システム


図 振動加速度レベル測定結果比較

加速度レベルLaから音圧レベルLpへの変換式は次式を用いた。

LpLa20×Logf36 dB   

音圧レベルLpからA特性音圧レベルへの変換は次表を用いた。 

表 音圧レベルを1/3オクターブバンドでA特性変換

周波数1Hz

31.5

40

50

63

80

100

125

160

補正値1(dB)

-39.2

-34.5

-30.2

-26.1

-22.3

-19.1

-16.1

-13.2

周波数2Hz

200

250

315

400

500

630

800

1000

補正値2(dB)

-10.8

-8.6

-6.5

-4.8

-3.2

-1.9

-0.8

0

周波数3Hz

1250

2000

2500

3150

4000

5000

6300

8000

補正値3(dB)

+0.6

+1.2

+1.2

+1.2

+1.0

+0.5

-0.1

-1.1


図 タッピングマシン衝撃音のA特性音圧レベル予測値

   実験の結果では、東聖建設の案も含めて考えると、No.5の鉄板0.35 t +高密度シンセファイバー150kg/ m310mm+ラーチ合板24 t×2枚が好ましい結果となり、推奨した。さらに東聖建設は天井裏に遮音層も設けて、実施するとのこと。

完成後に屋根からシャワーの水で、音を確認したが、雨どいに落ちる音しか聞こえませんでした。ただ現実には、何年かたっており、その間、豪雨のこともあり、実際の雨も体験していると思われ、快適な雨音であるといいと思っています。


2022/07/01

狂言 月見座頭の結末

 2022626日(日)NHK Eテレの『古典芸能への招待』で『狂言 月見座頭』が放送された。目の見えない人、視覚障碍者が、虫の音を聞きながら、月をながめて楽しんでいると、通りかかった人が来て、一緒に歌などを歌い、踊りながら風流な雰囲気で楽しんでいた。別れた後、その通りかかった人が気分をいれかえて、目の見えない人に向かって、体当たりをして、さらに振り回して帰っていった。目の見えない人は倒れてしまった後、『この人のにおい』は先ほど一緒に花見をしていた人のにおいだといってつぶやいた、と聞こえた。酒を飲みかわしながら踊ったことなどで、においがわかったと思った。したがってこの物語の『落ち』は、目が見えなくとも犯人はわかったというところだと思った。 

しかし実際の物語は、目の見えない人に向かってぶつかってきたとは、先ほどの風流な人とは大きな違いだとつぶやいたところでおわってしまっているようだ。これはこれで物語としては成り立つが、目の見えない人の理解不足ということになりかねない。

『目が見えなくとも犯人はわかった』という私の先入観は、それはそれで物語としては、『警事コロンボ』のように納得できる結論となるが、現代でも視覚障碍者の交通事故などがあって、ニュースにもなっていて、解決していない問題でもある。そのため『狂言 月見座頭』は非常に現代的なテーマである。さらに人間の感覚には5感、ないし6感があり、周囲に対し、視覚だけで感じるのではなく、この狂言のように虫の音を楽しむ聴覚や嗅覚や触覚や味覚などで感じ取りとる努力が必要とおもわれる。

2022/06/20

振動で感じるコンサート

 何年か前に聴覚障碍者の学生が来て、卒業論文で、舞台のダンスを音ではなく、振動を感じて楽しめる劇場を作りたいとのこと。こちらでは具体的な提案はできなかったが、言っていることはよくわかった。要するに舞台でダンスをしている姿を見て、音楽を振動で床や椅子に伝えて体で感じるというものだと思う。

振動を伝搬する媒体は躯体でなく、空気と思われる。躯体を木とすると35004500/s、コンクリートとすると約3000m/s、空気の伝搬速度を15Cとすると340/sとなり、伝搬速度に速さの違いがある。

音源から例えば20m離れているとすると、空気では20/340m/s0.058s=58ms、木では20/4000m/s0.005s=5ms、コンクリートでは20/3000m/s0.0066s=6.6msと伝搬時間が異なる。5ms程度ではほとんど同時に聞こえるが、50ms離れるとエコーとしても感じられる時間差となる。もし躯体を振動で伝搬する音が空気を伝搬する音と同程度の大きさである場合には、空気による残響だけでなく、エコーを伴った躯体を含めた残響音になってしまう。

 実際には躯体を伝搬する音のエネルギーは小さいと見え、躯体を伝搬する音は聞こえない。我々が感じる振動は空気を伝搬する音が床や椅子に伝搬して感じるものと思われる。ただし空気から伝搬して振動する大きさは実際には小さなもので、聴覚障碍者がこれを感じて楽しむことにはかなり不足していると思われる。

 そこで客席の中に、聴覚障碍者のためのスペースを、地震用起振機のようなシステムで、床が振動するようにした場合を考えてみる。システムとしては障碍者のスペースで、マイクで音圧を拾い、振動加速度に変換して、床を振動させる方法が考えられる。

まず耳の感度は、図1に示すように音圧レベルと周波数と音の大きさによって異なっている。1000Hzを基準に考えると、それより低い周波数では感度が鈍くなり、1000Hzより高い周波数ではわずかに感度が上がり、10Hz付近でまた感度が鈍くなるような特性である。これをフレッチャーマンソンの曲線と呼ぶ。しかしこのままでは複雑なために、騒音計ではA特性で表していて、図2で示すように1kHzを基準に、500Hz以下は低音域になるに従って、感度が落ちてきている。また1Hzから5kHzまではわずかに上回っていて、感度がよくなっている。骨伝導による特性も同様の特性である。これに反して振動レベルの特性は、図3に示すように、振動加速度レベルで、鉛直特性では4Hzから8Hzまでは感度が最もよく、それ以上の周波数ではオクターブ6dB低減している。ただし公害用振動計の振動レベルの特性は100Hzまでしか表されていない。

ある劇場の客席部分の音圧レベルの特性を聴覚障碍者のスペースで、適正な特性の振動加速度レベルに変化する必要がある。式1では音圧レベルLpを、壁面ないし床面の振動加速度レベルLaに変換する式を以下に示す。 

LaLp10×Logk+20×Logf-10×LogS/A)-36 (dB  1 

ただしLa:加速度レベル(実測データ)、Lp:音圧レベル、k:放射係数(125Hz以上はk=1、63Hz以下は多少小さくなるが、安全のため、すべて1とすると10×Logk=0)、f:周波数(Hz)、Sは放射面積、A:吸音力となる。 

1によれば音圧レベルと加速度レベルの関係は、音圧レベルに主に周波数の2乗の対数を加える、実数で言えば周波数の2乗を音圧に掛けることになる。物理的にはこのようにすればいいが、実際の音圧レベルの感覚特性と、振動加速度レベルの感覚特性を少なくとも1000Hzまで合わせるための、実験が必要と思われる。

さらにこの振動台を稼動させるための機構が必要である。実際の地震のための振動台は油圧で稼働させているが、より高い周波数を稼動させるためには、多分その他の機構が必要となる。

振動で感じるホールの実現には、まだまだ実験が必要だと思われる。


     図1. 耳に聞こえる音の周波数と音圧レベルの範囲及び音の大きさの等感曲線

※引用 公害防止の技術と法規 編集委員会編 公害防止の技術と法規 騒音編

                    図2. 騒音計の周波数補正特性

  ※引用 公害防止の技術と法規 編集委員会編 公害防止の技術と法規 騒音編


             図3. 振動レベルの基本的レスポンス

※引用 公害防止の技術と法規 編集委員会編 公害防止の技術と法規 振動編


 

2022/06/16

横浜ボートシアター主催、船劇場JAZZライブ撮影会

 

船劇場JAZZライブ撮影会が614() 雨の中、夜の730からありました。出演者は遠藤律子(ピアノ、今回はエレクトーン)、山口彰(ウッドベース)、藤井学(ドラムス)、曲目はバッハのG線上のアリア、シューベルトのセレナーデ、スメタナの売られた花嫁、ガーシュイン?の曲、他、いずれもこの曲を基にJAZZのリズムに変えて即興的に演奏されたものです。

次は横浜ボートシアターの松本さんの太鼓のリズムに合わせた奥本さんの仮面の踊り、次は松本さんのアコースティックギターに合わせた吉岡さんの歌、 次はこの三名と遠藤律子トリオの演奏で、遠藤琢郎さん作詞の「死んだ人は死んでいない」という歌を演奏しました。遠藤さんは亡くなって残念でしたが、今も船劇場の、この活動が継続していることを考えると確かに死んでいないといってもいいかもしれません。

お客さんは20代、30代の人がほとんどですが、70歳代もいて、懐かしい人たちにもお会いしました。

いつもは演劇をしている吉岡さんの歌はびっくりするほど声が出ていました。ここは演劇の試演会をする場所ですが、コンサートでも楽器そのものが響くウッドベースはもちろん、ほとんど自らはあまり響かないアコースティックギターがよく響いていました。演劇をやるときには幕設備や舞台装置がありますが、今回はむき出しの鉄板の壁とベニア板の床と野地板の天井で、幕類や大道具が一切ない状態のために、よく響く状態となっています。クラシック音楽も含めて、さまざまな音楽の可能性のある空間だと思いました。